グラフィックボードとは

グラフィックボードは、画面上に絵や文字などのグラフィックを表示するためのパーツです。
「グラフィックカード」「ビデオカード」「VGA」とも呼ばれ、
省略して「グラボ」と言うこともあります。

画面上への絵や文字の表示に必要なグラフィックボードですが、必ずしも必要…というわけではなく、
「マザーボード」と呼ばれるパーツにグラフィックの機能が備わっている場合は、
このパーツが無くても大丈夫です。

グラフィックボードが必要なのは、3Dゲームや動画鑑賞などの高い性能が求められる作業をする場合です。
このグラフィックボードがあれば高画質の映像を描写でき、より綺麗でリアルな映像を楽しむことができます♪

グラフィックボードを製造している会社は主に2社です。

 

グラフィックボードの種類
GeForceロゴ RADEONロゴ
【NVIDIA社】
GeForceシリーズ
【AMD社】
Radeonシリーズ

 

「オンボード」などの表記に注意!

グラフィックボードの項目で、「オンボード」「CPU内蔵」「チップセット内臓」「メインメモリと共有」
…このように書いてある場合には注意が必要です。

これらは、そのパソコンに独立したグラフィックボードが搭載されていないことを意味します。
3Dゲームや動画鑑賞目的でPCを購入する場合には避けたほうが無難です!

[ GeForce系グラフィックチップ搭載カード ]

 GeForce nVIDIA社 の開発したグラフィックチップで、3Dグラフィックの表示性能に優れます。
安いものからハイスペックなものまで各種そろっており、最も普及しているため、多くのゲームがこの GeForce を基準に開発されています。(特に日本ではその傾向が強いです)
映像・動画に関しては、かつてはライバルの RADEON に一歩遅れていましたが、現在はほとんど差はありません。
平面の画像の処理に関してもバランスの取れた性能を持っており、どちらかと言うと汎用向け・ゲーム向けといえます。

[ RADEON系グラフィックチップ搭載カード ]

RADEONATI 社の発売した、GeForce シリーズに対抗する性能を持つ VGA です。
映像や動画などの再生表示に定評があり、3Dグラフィックの表示性能は GeForce シリーズに一歩遅れていましたが、現在はほとんど両者に差はありません。
「画像のスクロール」に弱い点がありますが、「連続表示」に優れており、どちらかと言うと映像の閲覧向けです。
ドライバ(ソフトウェアへの対応)の面で GeForce に劣るため、ゲームなどの安定性は GeForce の方が上です。

『クロック数(コアクロック)』

これは CPU のクロック数と同じで、グラフィックカードの中心にあるグラフィックチップ「GPU」のクロック数を表し、「コアクロック」とも呼びます。 300MHz とか 500MHz とかの数値で表記され、数値が大きいほど処理が速くなります。 グラフィックチップ(GPU)は、グラフィックカードの CPU という訳ですね。

これらは高い数値であるほど高性能と言えるので、比較の際の目安になりますね。

『ビデオメモリ(VRAM)』

パソコン本体のメモリ(メインメモリ)と同じく、一時的にデータを保存する場所で、グラフィックカードについているメモリは「VRAM」と呼ばれます。

ビデオメモリ(VRAM)が多いほど、細かい 3D 画像や DVD 映像などの高度なグラフィックを、スムーズに不良もなく表示する事が出来ます

『出力端子/映像コード』

最近のグラフィックカードで重要なのが出力端子です。
ディスプレイ(モニター)とパソコンを繋げる映像用のコードの差込口と、使えるコードの種類のことです。

D-Sub15pin(HD15)端子古いディスプレイ用端子。アナログ信号でデータ送信する。

画質は DVI や HDMI などのデジタル信号のものには劣る。

DVI端子パソコンの液晶ディスプレイ用端子として普及したデジタル信号の端子。

DVI-A、DVI-D、DVI-I の3種類があるが、普通は DVI-D(デジタル)のコードを使う。

DVI-A(アナログ)と HD15(D-Sub15pin) の混合コードを DVI-I 端子(アナログとデジタルの両方に対応)に付けると、古いディスプレイにも接続できるが、画質は劣ってしまう。

DVI はデジタル信号で高画質なデータを送れるのが利点ですから、DVI-D でないと意味がありません。

HDMI端子最新の映像出力端子。 音声もこれ1つで送ることが出来る。

DVI-D と互換性があり、DVI と HDMI の混合コードを使うと、HDMI 端子の機器を DVI 端子に繋げることが出来て、画質もほとんど変わらない。 コードの値段が高いのが難点。

SLI / CrossFire』

2005年から登場したもので、グラフィックカードを1つのパソコンに2枚付けてグラフィック性能の向上を計ろうと言う、新機能です。

しかし、それでなくても値段の高いグラフィックカードを2つも使うのですから、ものすごーくお金がかかります!

しかも2枚付けたからと言って、処理能力が2倍になる訳ではなく、せいぜい1.3~1.5倍程度です。

SLI」は GeForce シリーズを作っている nVIDIA 社の技術で、「CrossFire」は RADEON シリーズを作っている ATI 社の技術です。名前は違いますが、ほぼ同じものだと思って構いません。

マザーボードやグラフィックカードに対応のものが必要で、しかもコストもかなり割高になるので、高性能なゲーミングマシンを追い求めるようなユーザーか、もしくはお金持ちの人向けの技術と言えますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>