マザーボードとは

パソコンの中心となる板の事です。
正確に云うと「コンピュータなどで利用される、電子装置を構成するための主要な電子回路基板」

電気配線の施された板(基板)に、パソコンの各パーツを取り付けるための、専用のはめ込み部分が付いています。
この「マザーボード」に各パーツが取り付けられ、それがケースに入ったものがパソコンというものだと思って構いません。

マザーボードはチップセット(マザーボード上のパソコン内部でのデータをやり取りを管理する部分)により、取り付けられるCPUやメモリーが異なる点です。
自作パソコン組み立ての際は、先にCPUやメモリーを決めて、その後マザーボードを選択するというのが良いかも。

マザーボードはパソコンの本体となり、全てのパーツが取り付けられるものですから、マザーボード自体を交換する事は簡単には出来ません。
それを交換すると言う事は、全てのパーツを外してマザーボードをケースから取り出し、新しい物に変えてからまたパーツを付け直すという作業になりますので、つまりパソコンを1から自作するようなものです。

★ 初心者がそう簡単に出来るようなものではありません。

しかしそれでも、たとえ初心者でも、マザーボードの性能を知る事は大切です。
・ そのパソコンがどんなパーツを付けられるのか?
・ 将来的にどんな増設が出来るのか?
・ どこまでパワーアップさせられるのか?
それらは全て、このマザーボード次第なのです。

Categories: 基礎知識 Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>