光学ストレージとは

CDやDVDメディア(記憶媒体)に読み書きするドライブのこと。CD-ROMドライブは今やほとんどのパソコンには標準搭載されています。CD-R/RWドライブも最近のパソコンには標準搭載されていることが多い。
DVDで映画を楽しみたいならDVD-ROMドライブが必要です。また映画のデータをDVDメディアに保存したいならDVD-R/RWドライブなどのドライブが必要となります。

そもそもストレージとは?

ストレージ(ストーレッジ:storage)を辞書で調べると、貯蔵、保管とあります。情報・データが爆発的に増加している現在、ストレージはまさしくデータを貯蔵する保管庫といえます。
ストレージといってもさまざまな製品が市場にあります。一般家庭で使われるCD-RやDVD-R、ブルーレイドライブに、SDカードやフラッシュメモリから、ミッションクリティカルな環境で使われるディスク装置まで多岐にわたりさまざまです。
今回はその中で光学系のストレージとは、簡単に言うと円盤の記憶装置です。
光ディスクなどの光学記憶装置は、円板表面の性質を変化させることで情報を格納し、半導体レーザーを表面に当てて反射光を測定することで情報を読み取る。光ディスクは不揮発性である。表面の変化が永久的なもの(読み取り専用媒体)、一度だけ変化させられるもの(ライトワンス媒体)、何度も書き換え可能なもの(リライタブル媒体)がある。次のような形式がよく使われている。

  • CD-ROM, DVD-ROM, BD-ROM: 読み取り専用ストレージ。デジタル情報(音楽、ビデオ、コンピュータプログラムなど)の大量配布/販売に使用。
  • CD-R, DVD-R, DVD+R BD-R: ライトワンス・ストレージ。三次記憶装置またはオフラインストレージとして使用。
  • CD-RW, DVD-RW, DVD+RW, DVD-RAM, BD-RE: 書き込みは低速だが、読み取りは比較的高速。三次記憶装置またはオフラインストレージとして使用。
  • Ultra Density Optical (UDO) は BD-R や BD-RE と同程度の容量を持つ。書き込みは低速だが、読み取りは比較的高速。三次記憶装置またはオフラインストレージとして使用。

そんな光学系のストレージが搭載されていないパソコンものもある。

代表的にはUltrabook 【 ウルトラブック 】
がそうで、大まかな定義としては、薄さ20mm以下、重さ1.4kg以下、バッテリー駆動時間5~8時間かそれ以上、光学ドライブ・ハードディスクは搭載せず記憶装置はSSDのみ
世代ごとにその定義は進化しており現在の第三世代のUltrabookは以下の要件が適宜されている。

  • 第4世代Core iシリーズプロセッサ(Haswell)のUシリーズ・Yシリーズを搭載。
  • 厚みの上限を23mm以下へと緩和・統一。
  • 動画(HD画質)の連続再生6時間以上およびWindows 8のアイドル状態維持9時間以上のバッテリー性能。
  • ハイバネーション状態からの3秒以内の復帰。
  • マルチタッチ対応ディスプレイ。
  • 音声認識機能の搭載。
  • Intel Wireless Display(WiDi)機能の搭載。
  • USB 3.0または、Thunderbolt端子の搭載。
  • 最低80MB/sのストレージ読み取り性能。
  • Wi-Fi 機能の搭載。

BUFFALO:ポータブル或いは外付けの光学ドライブのリスト

IO DATA icon:Blu-ray等外付ポータブル のリスト

Categories: 基礎知識 Tags:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>