冷却ファンとは

ケースファンやCPUクーラーなど、熱を持つパソコンの内部、パーツを冷やすためのファン。

強制冷却

冷却ファンを使用し空気を利用して冷却する、最も一般的な方法。ヒートシンクの上に冷却ファンを載せた状態で使用され、ヒートシンクとファンモータが一体化したものが多い。

受動空冷

プロセッサの表面にヒートシンクを取り付けて放熱する方法。

水冷

空気よりも熱容量が大きい水を冷却に用いる方法。CPUに水を循環させるヘッドを接触させて、熱を水で持ち去り、外部のラジエータで放散させる。ラジエータには空冷ファンを付け、冷却能力を高めることが多い。

2010年頃からはチューブ素材などの進化によりメンテナンスフリー化が進み、パソコンケース内部で完結し、簡単に取り付けられる高品質の簡易型水冷クーラーのキットが自作パソコン用途向けに販売されており、現在ではホワイトボックスパソコンメーカーの中にもBTO用パーツやハイエンドモデルとして用意するところが現れるなど、ゆっくりながらも確実に普及が進んでいる。

その他

炭酸ガスを利用するガス冷却や寒剤(液体窒素やドライアイスを入れる銅升等)を用いて放熱する冷却方法もある。

冷却する理由

現在のCPUは高密度に集積された半導体素子であり、電流を流せば(動作させれば)発熱するが、高温になるといくつかの問題が起きる。

  • 電気抵抗率の変化による半導体機能(オーバーヒート#コンピュータ、熱暴走)・導体機能の問題。
  • 異常な熱膨張・収縮によるパッケージの寿命の問題。

十分な冷却を行わない場合、前者は即時的な機能不全を、後者は著しい寿命の低下をもたらす。一見正常に機能したとしても冷却不足であった場合は、設計上の寿命よりはるかに早く故障する可能性がある。

◆ 素人が行うパソコンの冷却方法

ディスクトップ方は掃除し、ファンのホコリを取り除くことが一番重要です。ファンにホコリが付かないようにファンガードやフィルターもお薦めですが、シリコングリスをCPUに塗りなおすこともたまには必要です。
ノートパソコンの場合は、簡単に熱対策をするなら冷却効果の高いグッズを追加するのも効果的です
1) クーラータイプの冷却製品を追加する。(冷却効果:高)
2) プレート/シートタイプの冷却製品を追加する。(冷却効果:中)
3) パッドタイプの冷却製品を追加する。(冷却効果:低)
但し、冷却効果の高いものはそれなりに投資金額も高くなる。


エレコム;ノートパソコン用、冷却製品のリスト

IO DATAicon:CPUファンからグリスまでの様々な冷却用品 のリスト

Categories: 基礎知識 Tags: ,

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>