NEXTGEAR レビュー(到着 その2)

「NEXTGEAR i630SA1-SP2」

ゲームパソコン・ハイエンドPCブランド G-Tune の使用感をレビューします。

今回は到着編 その2

早速中身を出してみました。
「内部確認」


  •  前面のカバーをオープンしてみました。

case-Open

  •  Filterのアップとファンのアップです。

Filter-Up

  •  当然両方ともきれいな状態です。

Fan-Up

  •  背面の全観です。
  •  グラフィックスカード搭載なのでキャップがしてある端子は使用しません。

背面

  •  内側の全観です。

内側全観

  •  背面側のファンのアップ、きれいな状態です。

ファン×2

  •  ファンとマザーボード、右側のがメモリです。

マザーボード

  •  見える法のGPU回路?のアップです。

マザーボード

  •  グラフィックボードの側面ロゴのアップです。

MSI-Gpu

  •  グラフィックボードのマークとファンがわかるかな?

Gpu-Up

  •  GPUの前景?ファンで隠れています。

Gpu

  •  製品のイメージからモニター端子がわかりますよね!
  •  要はひっくり返って装着されているようです。

  •  電源 : 700W 【80PLUS® GOLD】の印です。

電源

  •  設置で気になったのが、底の足!結構はずれやすいのかな?要注意です!

底

「注意ポイント」


[ケーブル]

★ 電源(延長コード)にも言えることですが、ケーブル類の長さが足りなかったというのもよく聞く話です。
★ ケーブル類は折らないで、束ねるのがよいでしょう、インシュロックやケーブルチューブがおすすめです。 ⇒
★ LANケーブル・電話線・プリンタケーブルなどは、直線距離だけでなく、机などを回り込む分や、床を這わせる場合は床からパソコンまでの高さの分も考慮して用意しましょう。

[底面]

★ ファンによる振動を考慮して、厚さ2ミリほどのビニールシートの上に設置するのがおすすめです。
★ 底面の足が外れる場合がありますので、注意しましょう。

[空間]

★ パソコンは内部にたまった熱をファンによって外部に逃がしています。
★ このために必要な空間は5cm程度。
★ 壁際に設置する際は少なくとも5cmくらいは隙間を空けて設置してください。
★ 空気の循環がうまくいかないと熱がこもり、故障の原因になります。
★ ファンの位置を確認して設置するとよいでしょう。
★ <色:#ff00ff>このマシンはFilterが掃除しやすいのがうれしいですね!

iconicon

【X79】MASTERPIECE i1550シリーズ

【大容量64GBメモリ搭載】NEXTGEAR

NEXTGEAR MICRO im500シリーズ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>